法律に関する問題はプロの専門家に依頼して簡潔に解決

サービス利用利点とは

有利に専門サービスを利用する方法について

 遺産相続の局面では、様々な種類の法的手続きを取る必要が生じます。たとえば自筆証書遺言書が残されていた場合には、まず家庭裁判所にその遺言書を持って行って検認を受ける必要があります。一方、遺言書が残されていなかった場合には、相続人全員で遺産の分け方を決め、その合意内容を遺産分割協議書にまとめる必要があります。その過程で、相続放棄や限定承認の手続きを取ることになるケースも多々あります。また、不動産を相続する場合であれば、所有権移転登記の手続きを取らなくてはなりません。そのような諸々の手続きを専門知識を持っていない素人が自分で行うのは困難ですので、専門サービスを利用する人が多いです。ただし、どの士業を利用するかによってかかる費用が大きく変わってきますので、自分が依頼したい業務が何であるかをよく考えた上で、利用する業者を決めるようにするのが得策です。

相続専門サービスを利用する際にかかる費用について

 相続専門サービスを提供している業者としては、弁護士、税理士、司法書士、行政書士などをあげることができます。この中で一番高額の費用がかかるのは、弁護士です。弁護士の場合は、相談料だけで30分あたり5000円前後かかるようになっているのが普通ですし、着手金と報酬金を合わせて最低でも60万円以上かかるのが一般的です。実際には遺産分割協議書の作成程度しか頼まないようなケースで弁護士を利用するというのは、あまり賢明な方法ではありません。同じ業務を行政書士に依頼した場合であれば、半値以下の料金でサービスの提供を受けることができます。一方、納税申告書の作成は税理士に、登記申請手続きについては司法書士に頼まなくてはなりません。弁護士に頼めば何でもやってもらうことができると勘違いしている人が少なくありませんが、結局他の士業に仕事を回すことになりますので、余計な費用がかさんでしまう可能性があります。