法律に関する問題はプロの専門家に依頼して簡潔に解決

話し合いは大切な工程

相続争いを回避するための方策

相続争いはその後の身内同士の関係を大きく損ないますので、事前に回避策を取っておくことが重要です。本来は被相続人に当たる人が死後の対策を立てることが必要ですが、そうでない場合でも当事者間で事前に話し合っておくことでかなりのところを解決することが出来ます。戦前は長子相続が徹底していましたので長男は親の面倒をみる代わりに財産を引き継ぐことになっておりました。戦後、民法が改正されて子供は平等の権利を有することになりましたのでトラブルが発生するようになりました。基本的には親の面倒をみた人がそれ相応の相続を行うことが重要と思われるので、その点を話し合いの中で明確にしておくことが、その後の争いを回避することに繋がります。

遺書を残すことで問題は解決する

財産のある被相続人は必ず遺書を残すようにすれば、ほとんどの相続争いは無くなります。最近の傾向としては年配の人たちから若い世代への資産の移行をスムーズにするために、住宅資金や教育資金の生前贈与の枠が広がっています。家族の間でよく話し合ってこの制度を生かして資産の移転を図ることは相続との関係でも重要です。子供や孫に資産を移すことによって、相続税の支払い額を軽減するとともに支払資金を用意することの助けになります。最近は税制の改正が頻繁に行われているために、専門家でも理解するのが難しい状況です。一年に一回は家族で相続について税制のことを含めて話し合いを行い、対応が必要な場合にはどうすれば公平に対応出来るかを考えておくことは有意義なことです。