法律に関する問題はプロの専門家に依頼して簡潔に解決

税理士の求人

税理士の求人募集を行う際に活用できる様々なサービス

税理士事務所だけでなく、最近は中小企業でも専任の税理士を雇用することがあります。その際求人情報を出す方法として、以下の様なサービスなどを活用することがあります。 まず挙げられるのが専用の求人情報サイトです。通常の求人情報サイトとは違い、税理士に絞って募集することで、税理士側も企業側もスムーズに募集及び応募を行うことが可能です。また場合によってはサイトを介さずに直接やり取りができるサービスもあり、自社及び税理士の時間の都合を合わせやすいというメリットが有ります。 次に挙げられるのが派遣会社です。自社内で研修などを行うことなく実力のある税理士を雇用することが出来るのが魅力です。また一定期間雇用後に直接正社員することも可能なため、インターンシップ制度のように活用することもできます。 上記にある様々なサービスを活用し、積極的に税理士の求人情報を活用することが重要です。

税理士の求人への応募を有利にする方法

税理士は税務のプロであると同時に、中小企業の決算をまとめる役割を負っているケースも多いため、会計分野のプロでもあります。この会計分野における就職先の選択肢としては、公認会計士や事業会社の経理部門などがあります。それぞれ求人がありますが、求人に際しての要件などが少しづつ違います。 税理士の求人に応募する場合には、税理士試験の科目合格をしていると有利になる可能性が高いです。税理士試験に合格して資格を取らない限り、税理士業務は単独ではできませんが、税理士分野の知識がまったくない、税理士分野の勉強をする気がないという人に比較すれば求人に応募した場合にはるかに採用される可能性は高くなるはずです。 できれば財務諸表論と簿記論が終了し、税法科目の勉強を始める段階になっていればより有利でしょう。