法律に関する問題はプロの専門家に依頼して簡潔に解決

相続に関するあれこれ

誰でも受けられるわけではありません

遺産をもらった場合、相続税を支払うことになります。財産をタダでもらったので、その人は得をしたと考えられるためです。故人の債務を引き継いだ場合、逆に相続税は安くなります。得したとされる金額は少なくなるからです。これを債務控除と言います。ただ、注意しておきたいのは、債務控除は誰でも受けられるものではないということです。相続人、もしくは包括受遺者に限定されます。包括受遺者とは、特定の遺産をもらうのではなく、財産のうち一定の割合をもらえるという人のことです。相続分を与えるようなものです。遺言により行うことができます。適用を受けられる者が限定され、しかも放棄をしてしまうと受けられなくなってしまいます。債務を引き継ぐ方は注意しましょう。

相続を放棄しても控除はできる

放棄していたとしても、負担できる債務もあります。それは葬式費用です。葬式費用については、特例的に、放棄した相続人が負担した場合でも、債務控除できることになっています。なお、そもそも相続人でない者が負担したとしても、債務控除には使えません。注意しておきたいのは葬式費用の種類です。控除に使えるものと、使えないものとがあるのです。例えば、初七日法要のための費用は控除に使えません。四十九日とか、一周忌とかどんどん続きますが、これらも控除対象としていてはキリがありません。そのため、初七日法要から対象外としているのです。逆に、火葬場へのタクシー代は認められます。葬式があれば当然に発生してくる費用なので、認められているのです。控除となるもの、ならないものを見極めて、相続税をしっかり節税しましょう。

CONTETNS

業務の内枠を知り相談

税に関するプロである税理士は、財務相談から税務に関する必要書類の作成に日々追われています。そして今後も企業においてサポートが強化されていくでしょう。依頼する内容を把握していき今後に繋げます。

READ MORE

サービス利用利点とは

相続になると数々の手続きが必要になります。その時に重要な鍵になる遺言書は残されていない場合専門サービスの活用が不可欠になるでしょう。知識をもっていないからこそ、今後大きな助けになるのです。

READ MORE

Recommend Link

PAGES

PICK UP

話し合いは大切な工程

故人が事前に相続の配分に関する前準備を行なっていれば、問題が肥大することもありません。入念な準備がない場合は相続の前に相続税に関しても深い知識が必要なので生前贈与に関する事も知っておきましょう。

READ MORE

税理士の求人

税理士の求人サイトを利用することで、 中小企業の仙人税理士として働けることもあります。そのほかにも派遣会社などで税理士を雇用するところがあります。このようなサービスを活用して税理士として働きましょう。

READ MORE

法律に詳しい専門家へ

無駄なお金を支払っていると気づいた時は、過払い金請求のプロである弁護士に依頼をしましょう。取り戻すまでの間様々な手続きが必要なので、負担を考えた上での依頼になります。

READ MORE